首のイボケア商品

首や顔にできたイボはピーリングで除去!美しい艶肌を手に入れよう!

更新日:

イボ ピーリング

年齢を重ねれば重ねるほど肌の悩みは増えていく一方です。若いころにはなかったような肌トラブルが発生してしまったりします。ある程度、年齢を重ねてきたときに発生する肌トラブルの1つに「イボ」があります。

できた場所によっては目立つものだったりするのでショックは大きいものです。そんなイボをピーリングという方法で除去することができます。では、それはどんな方法でしょうか。詳しくみてみましょう。

スポンサーリンク

首イボ除去 記事下2つ

イボとは

イボは大きいものから小さいものまであり、その大きさは様々です。できる部位も様々ですが、特に首や顔にできることが多いものでもあります。イボの正体は古くなった角質です。

人間の肌は、常に新しい細胞へ生まれ変わるための働きをしています。古い角質が剥がれ落ち新しい細胞を誕生させるそのサイクルを「ターンオーバー」といいますが、肌は常にこのターンオーバーを繰り返しているのです。

ターンオーバーが正常に機能していれば、本来古くなった角質は自然と剥がれ落ちてしまうものです。何らかのトラブルでターンオーバーがスムーズにいかなくなると肌トラブルが発生します。

吹き出物やくすみといったトラブルが一般的に知られている肌トラブルですが、イボもそんな肌トラブルの1つなのです。ターンオーバーの異常から古い角質がきれいに剥がれ落ちず除去されなかったことで発生してしまうのです。

除去されなかった古い角質は、やがて皮膚の表皮上で硬くなりイボに形を変えて私たちの目につくことになります。

イボができる部位

イボはどこにでもできる可能性があるものですが、中でも特にできやすい部位があります。
では、イボはどんなところによくできるのでしょうか。

■顔

顔のイボ

顔にもイボはよくできるものです。

顔は、皮膚が薄いうえにターンオーバーがさかんな部位でもあることから、肌トラブルが1番多いところでもあります。トラブルが発生しやすい分、イボもできやすい部位といえるのです。

顔は人の印象を左右する大事な部分であるだけに顔にイボができてしまうと、大きなショックを受けることになります。

■首

スキンタッグ

http://safaia40.jugem.jp/?eid=2741

顔よりも首にできるイボの方が多いものです。

首は顔と同じくらい皮脂の分泌があるにも関わらず、顔の肌ほど手入れしないものです。手入れが行き届かないことで問題も発生しやすい部位なのです。首も顔同様、目立つところです。

イボができた場所が正面でなくとも、髪の毛をアップにした髪型をしたりすると目につくことになるのでとても気になるものです。

イボを除去する方法

イボを除去するには、いくつかの方法があります。
では、どんな方法があるでしょうか。

■レーザー除去

レーザーの光をイボにあてイボをまるごと取り除く方法で、皮膚科や美容皮膚科で除去してもらえます。イボの大きさや状態に合わせて、他の皮膚に負担がかからないことに気を配りながらレーザーを当てます。傷跡が残りにくいということがメリットの1つです。

■液体窒素で除去

液体窒素を塗ることでイボを焼き切るという除去方法です。イボに軽く人工的な火傷を負わせるため、痛みを強く感じることもあります。皮膚科で処置してもらえる除去方法です。

■ピーリング

肌の表皮に残っている古くなった角質を取り除くケアのことを言います。上記2つの方法が物理的に除去する方法であるのに対し、ピーリングは肌が正常なターンオーバーを取り戻すためのケアをするものです。

ピーリングとは

イボを有効的に除去する方法の1つにピーリングがあります。ピーリングとは、肌の表皮に残っている古い角質や汚れを取り除く手入れのことです。

イボの原因となっているのはその多くが古くなった角質であるため、まずはそれらを取り除くことが重要です。目立ってしまう大きなイボなら皮膚科や美容皮膚科に行って除去してもらう方が安全に除去できるでしょう。

しかし、そうでない場合は自宅でピーリングケアをする方法も有効的なイボの除去方法といえるのです。自宅で行うピーリングはピーリング剤が含まれたクリームやジェルを利用する方法が一般的な方法です。

ピーリングクリームやジェルは、市販されているものやインターネットなどの通販で販売されているものもあり実に様々です。

顔にできたイボと首にできたイボでは効能に差があるため、それぞれの専用のピーリングクリームやジェルを使用する方がいいでしょう。

おすすめのピーリング剤

では、市販されているものや通販で手に入るピーリング剤にはどんなものがあるでしょうか。ピーリング剤には、ふき取るタイプのもの、洗い流すジェルタイプ、石鹸タイプ、パックタイプなど数種類のタイプがあります。

最近のピーリング剤はピーリングの効果だけでなく、美肌やエイジング効果まで考えられた成分が配合されているものもたくさんあります。そんな中でも、口コミサイトなどで評判の高いピーリング剤をいくつかあげてみましょう。

きらりのつくりかた(ファンファレ)

美肌効果が高いといわれる米ぬかエキスや、メラニンの増加を抑制するプルーン酵素などが配合され不要な角質を取り除いてくれます。

自然成分だけで作られた肌に優しいピーリングジェルで、角栓がなかなか落ちない人におすすめのピーリングジェルです。

ホワイトピーリングジェル(スキンビル)

レモンやサトウキビからとれた果実の酸や、マルチフルーツエキスを配合し肌への刺激が少ないピーリングジェルです。美白やニキビ予防、またエイジングケアまでできる優れもののピーリングジェルです。

アクアピーリングジェル(オルビス)

海洋深層水が配合されていて水のようなサラリとした感触のピーリングジェルです。ピーリングに効果を発揮するといわれる杏果汁も含まれ、優しくマッサージすることで簡単に角質を落とせるジェルです。

泡立つホワイトパック(セルフューチャー)

パックタイプのピーリング剤です。濃密炭酸で泡立つパックの力で古くなった角質を除去します。エステサロンで体験できるような泡パックが自宅で体験できるものです。

ピーリングの目的

自宅で行うピーリングは、皮膚科で処置してもらうように物理的にすぐにイボを取り除けるとは限りません。ピーリングの目的は、あくまでも古くなった角質が皮膚の表皮上に残っているのを除去するものです。

古くなった角質を除去することで本来肌が持つ細胞の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーを正常な機能に戻すことを目的としています。そのため、1度や2度ピーリング剤を使うことで、その目的を達成できるわけではありません。

肌のターンオーバーのサイクルは、28日周期でやってきます。年齢を重ねると、このターンオーバーのサイクルが徐々に長くなってくるといわれます。そのため、肌トラブルが発生しやすいのです。

その周期を考えても定期的にピーリングの手入れをしなくてはその効果は発揮されません。長い目で見ながら定期的に怠ることなく手入れをすることで、ピーリングの効果が発揮されるものであることを理解してケアすることが大事です。

まとめ

首や顔にできるイボは、古くなった角質が原因です。正常に行われなかったターンオーバーが原因で古くなった角質が皮膚の表面に残り、固まってしまうことでイボとして出現してしまいます。

そんなイボを除去するにはピーリングが効果的で、市販されているピーリング剤を使い自宅でケアすることでもその効果が期待できるものです。

その他、自宅でできる首イボの取り方については以下のページで詳しく説明しています。

参考首イボの原因と安全な取り方|皮膚科治療よりも自宅ケアが効果的!

首イボ除去 記事下2つ

首イボ除去 記事下2つ

-首のイボケア商品

Copyright© 首のイボ除去完全ガイド , 2018 AllRights Reserved.