首のイボに効く市販薬

首のイボを自分で治したい!効果のあるおすすめの市販薬5選

更新日:

首のイボ、年齢より老けて見られてしまうなど、他人からも目につきやすい場所だけに気になるものです。

なんとかして治したい!と思っても、病院で治療するのにも抵抗があるという人も多いのではないでしょうか。首のイボを自分で治すには、市販されている薬を使う、化粧品を使うという方法があります。

今回は、首のイボの治療に効果のある市販薬をご紹介します。首のイボにできたイボに使える市販薬には、内服薬と塗り薬の2種類があります。市販されているイボの治療薬には、首のイボに使用出来ないものもあるので、合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

首イボ除去 記事下2つ

首のイボを飲んで治す!おすすめ市販薬3選!

首のイボの市販薬の中から、飲んで治す内服薬をご紹介します。内服薬でイボを治すのに有効な成分に「ヨクイニンエキス」があります。ヨクイニンとは、皮を剥いだハトムギの種子から抽出された生薬です。

ヨクイニンの作用には、皮膚の新陳代謝の促進・血行改善・毒素の排出・抗炎症作用・保湿効果・免疫力の向上があり、肌のターンオーバーを活発にしてくれます。

その結果、肌トラブル全般の改善に効果があり、また肌のトラブルだけではなくアンチエイジングにも効果が期待できます。

飲んで治すタイプのイボ治療薬には即効性はありませんが、継続して服薬することでイボの治療だけではなく、イボのできやすい体質の改善をしてくれる効果もあります。

【第3類医薬品】イボコロリ内服錠 180錠/横山製薬株式会社

イボコロリ内服錠

♦効能・効果
首や顔など皮膚の柔らかい所にできたイボが気になる方、荒れた皮膚が気になる方に効果があるイボ治療薬です。

♦成分
イボの治療に有効な成分「ヨクイニンエキス」が成人1日の服用量18粒に、1.998g配合されています。添加物としてアメ粉、結晶セルロース、乳糖水和物、トウモロコシデンプン、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、カルメロースカルシウム、ステアリン酸マグネシウムが含まれています。

♦用法・用量
イボコロリ内服錠は、18歳以上の成人で1回6錠を1日3回、食前または食間に服用します。食間とは食後から2〜3時間のことです。

♦使用上の注意
医師の治療を受けている人、妊娠中・妊娠の可能性がある人、アレルギーのある人は注意が必要です。

【第3類医薬品】ヨクイニンS「コタロー」720錠/小太郎漢方製薬株式会社

ヨクイニンS

♦効能・効果
身体に余分な水分が溜まり悪さをすると言われる「水毒体質の改善」と、腫れた箇所から膿を取り除き皮膚の炎症を抑える「清熱排膿」の作用で、イボの改善に効果があります。

♦成分
イボの治療に有効な成分「ヨクイニンエキス」が成人1日の服用量15粒に、2.0g配合されています。添加物としてカルメロースカルシウム、軽質無水ケイ酸、結晶セルロース、ステアリン酸マグネシウム、乳糖水和物、粉末飴が含まれています。

♦用法・用量
15歳以上の成人で1回5錠を1日3回、食前または食間に服用します。

♦使用上の注意
医師の治療を受けている人、妊娠中・妊娠の可能性がある人、今までに薬の服用で発疹・発赤・かゆみなどのアレルギー症状を起こしたことがある人は注意が必要です。

【第3類医薬品】ヨクイニンエキス顆粒クラシエ 45包/Kracie

ヨクイニンエキス顆粒クラシエ

♦効能・効果
イボ、皮膚の荒れに効果があります。ヨクイニンは、中国最古の薬物書『神農本草経』に収載されており、イボや皮膚の荒れにすぐれた効果のある生薬として古くから用いられています。顆粒状になっているので、錠剤よりも吸収が早いのが特徴です。

♦成分
イボの治療に有効な成分「ヨクイニンエキス」が成人1日の服用量3包に、1.5g配合されています。添加物として乳糖、ヒドロキシプロピルセルロースが含まれています。

♦用法・用量
15歳以上の成人で1回1包を1日3回、食前または食間に水または白湯で服用します。

♦使用上の注意
医師の治療を受けている人、妊娠中・妊娠の可能性がある人、今までに薬の服用で発疹・発赤・かゆみなどのアレルギー症状を起こしたことがある人は注意が必要です。

首のイボに塗って治す!おすすめ市販薬はこれ!

首のイボの市販薬の中から、塗って治すタイプの薬をご紹介します。

【第2類医薬品】クラシエ紫雲膏 14g/Kracie

クラシエ紫雲膏

♦効能・効果
配合されているシコンに、解毒・抗菌・抗炎症作用があり、肌の治癒能力を高め皮膚をなめらかにすることから、イボの治療に効果があります。その他にも、ひび・あかぎれ・しもやけ・魚の目・あせも・ただれ・外傷・火傷・痔核による疼痛・肛門裂傷・湿疹・皮膚炎に効果がある塗り薬です。

♦成分
イボの治療に有効な成分シコンが100g中10.74g配合されています。その他にもトウキ7.16g、ゴマ油89.53g、ミツロウ26.86g、トン脂2.69gが含まれています。

♦用法・用量
患部を清潔にしてから、1日数回適量を直接イボに塗るか、ガーゼや脱脂綿に塗りイボに貼りつけて使用します。

♦使用上の注意
医師の治療を受けている人、アレルギー症状を起こしたことのある人、湿潤・ただれ・やけど・外傷がひどい場合、傷口が化膿している場合、患部が広範囲の場合には注意が必要です。

〈h2〉首のイボには使えない市販薬とは?〈/h2〉
市販されているイボの治療薬には、身体や手足に使えるイボ治療薬として定番の薬でも、首のイボには使えない種類があります。名称も似ているものがあるので、注意するようにしましょう。

【第2類医薬品】イボコロリ液 6mL/横山製薬株式会社

イボコロリ液

♦効能・効果
魚の目・タコ・イボに効果があります。イボコロリ液に含まれる「サリチル酸」が硬くなった肌を柔らかくし、魚の目・タコ・イボを取り除くことが出来ます。

♦成分
イボの治療に有効な成分サリチル酸が1g 中0.1g配合されています。添加物としてコロジオンが含まれています。

♦用法・用量
キャップに付いている棒で、1日4回、1滴ずつ患部に塗ります。

♦使用上の注意
医師の治療を受けている人、アレルギー症状を起こしたことのある人、妊娠中・妊娠の可能性がある人、糖尿病の治療を受けている人は注意が必要です。肌を柔らかくする効果が強いため、首などの肌の柔らかい所に使用することはできません。

まとめ

首にできたイボを自分で治すには、自分に合った市販薬を選ぶことが重要です。

イボの治療に効果のある「ヨクイニンエキス」が配合されている内服薬には、錠剤・顆粒のタイプがあります。継続して飲むことができるもばかりです。また、配合されている成分にも注目して選びましょう。

イボ化粧品では首イボの治療に効果がある「艶つや習慣プラス」がオススメです。
首イボ化粧品として定番のものでも、効果のないものもあるので注意が必要です。

首イボ除去 記事下2つ

首イボ除去 記事下2つ

-首のイボに効く市販薬

Copyright© 首のイボ除去完全ガイド , 2018 AllRights Reserved.